とりすきさん 大変お待たせいたしました

まずはドリル28の答え合わせから

 


コンビネーションスピンは 3:09辺りから


実施しているポジションは 順に

シット・フォワード(実施済み)
アップライト・ストレート
(足換え)
キャメル基本姿勢(難ポジではない)
アップライト・フォワード(軸足真っ直ぐなので)
シット・ビハインド(実施済み)


というわけで 難ポジとして認定されているのは
恐らく
アップライト・ストレート
アップライト・フォワード
の二つかな、と

このコンビネーションスピンはレベル4をとっているので
難ポジ以外の何かで残りのレベルを二つとっているはずです

では

4) 足を換えずに行われる難しい姿勢変更
 
5) スピンへの難しい入り方
 
バックエントランスとは、正回転の人にとって左足のフォア(前)で入っていくのが普通のスピンの入り方だが、右足のバックアウト(映像ではターンしてからバックアウトになる)で入ること。
  
7) (1 回目の) 足換え後の足で 3 基本姿勢すべてを行う 
 
9) キャメル姿勢、シット姿勢、レイバック姿勢、ビールマン姿勢での明確な回転速度の増加 

のうちの どの二つになると思いますか?